新しいアイデアを生み出すにはどのようなプロセスが必要だろうか?

問答多用! - アイデア構成支援ツール

アイデア構成支援ツール 問答多用!

問答多用とはどのようなツール?

テキストデータを管理するツールです。 アイデア帳、メモツールとしての利用ができます。

問答多用! を入手する

ダウンロード販売 価格:800円
問答多用! を購入する

アイデア出しのための3つの機能

アイデアを出すためのワンポイントアドバイス

アイデアを保存しておくメリットは?

人はアイデアを生み出し続けています。
しかし、ほとんどの思考は記録されずに埋もれてしまいます。
記録しておくというのは、一時的に忘れても思い出すきっかけを残しておくという行為です。

また、記録は伝達手段になります。
自分が直接伝えることができなくても、記録があれば仲間に情報を共有するといった使い方ができます。

目的を設定して記録しよう

記録が重要だということは前項で取り上げましたが、記録とはそもそもなんでしょう。
ノートをとる、エディタを開いて今考えている内容を打ち込む……なんでもいいのです。
しかし、漠然と記録するのは良くありません。
まずは、何を記録するのかを決めましょう。

取捨選択をして必要な情報を整理しよう

単純に記録をとるだけでは、その記録の中に重要な情報が埋もれてしまいます。
そこで、整理が必要になります。
密度の高い重要な情報だけを残します。
密度の低い情報は、別の場所に隔離するか、思い切って削除します。
手元には常に最新の密度の高い情報が集まっている環境を作るようにします。

こうすると、アイデアを発展させやすくなります。

アイデアを発展させる

良いアイデアは一瞬で生まれるわけではありません。
最初は大したものでなかったとしても、アイデアの再編・結合によって使えるアイデアが生まれます。
過去に出したアイデアを発展させてよりよいものを作り出しましょう。

アイデアが生まれやすい環境を作り出す

アイデアが生まれた瞬間ってどんな状況ですか?
それを記録しておいて、その状況を作り出すように変えてみるのもいいでしょう。

たとえば、アイデアを生み出しやすいようにモチベーションを上げるにはどうしたらよいでしょうか。

動作環境

最新版Adobe AIRランタイムが動作する環境。

詳細な情報はAdobe AIR 3の必要システム構成をご覧ください。