エロ可愛いイラストを描くための18のキーワード

このページは検索サイトで「エロい イラスト 描き方」と検索した人にとって有意義な情報を提供することを目的としています。
個人的主観にもとづいた何か……ではありますが、もしかしたら役立つかもしれません。

1.肉を強調させよ

肉感というらしい。
凹凸を意識して描け。

弾性変形を駆使して肉の柔らかさを表現しろ。
大きなおっぱいは重量感を持たせろ。

2.おっぱいは垂れさせるな

乳首の位置は高めに設定。低いと年老いた感じに見える
寄せてあげての状態を作るのも良い。変形させると柔らかさを印象づけることが可能となる。

3.シチュエーションにこだわれ

世の紳士の言葉に「パンチラはいいが、パンモロはNG」という言葉がある。
全くもって同意である。

エロスを感じるシチュエーションを作り出せ。
意図的に仕組んだ構図は安直だが効果的。だがせめてオリジナルの要素を付け加えるのを忘れずに。

4.続きが見たい静止画を描け

たかが静止画。されど静止画である。
躍動感はエロ絵でも重要である。

おっぱいが揺れようとしているのか、潰れようとしてるのか?
イラストでは描かれることのない時間軸の前後がどうなっているのか想像してみよう。
今、イラストとして描こうとしているのは果たしてキャラが最も輝いている瞬間であるだろうか?

5.しなを作ればそこそこエロ可愛くなる

手首の曲げ加減ひとつにしろ検討の余地がある。

6.丸っぽく描けば可愛い感じに見える

エロと関係ないと侮る無かれ。マクロ、ミクロどちらにも適用できる。

7.髪の毛の流れで構図のバランスをとる

髪の毛は自然な形で大事な部分を隠すアイテムになりうる。
長い髪ならば空間の大部分を占め、イラストの印象を決定づける要素になる。

配色と分布のバランスに気を配ること。

8.目線はエロの重要なファクター

どこに目線をやるかは重要である。

どちらにしろ訴えかけるべき相手は『イラスト中にでてくる登場キャラクターへではなく、イラストを見る人に』である。

9.見せる部分と隠す部分を考える

人間には補完能力というものがある。
文字の一部が隠されていてもそれが読めるのはその能力が備わっているからだ。

つまり隠さないとマズイ部分を上手く隠しつつ、エロい表現を行うことができる。

10.キャンバスを何で埋めるか?

おっぱいを強調させたかったらキャンバスの比率で80%ぐらいがおっぱいが占めてもいいんでないか?
何を見せたいかはっきりさせるのが重要だ。

見せたいものにフォーカスを絞るべき。

11.スカートの本来の目的をとは?

エロ視点で見るとスカートは「めくれるもの」というイメージだが、ここは原点回帰といこう。
エロイラストにおけるスカートの定義は「戦略的に見せないものを隠す」ための布である。

見せる部分と見せない部分を決定した時、その境界線にあるのがスカートの端なのである。
この定義は別にスカートに限ったことではないので応用はいくらでもできる。
(この定義はNo.9の言い換えとも言える)

12.粘性液体の描写をマスターせよ

ここでは汗や体液の類を「粘性液体」と称することにする。
粘性液体はエロイラストにおける演出方法としてかなり有効である。

粘性液体を描くためには以下の要素をマスターしておきたい。

13.服の素材を工夫する

モザイクで隠す手法は最後の手段。まずは他の手段を模索しよう。

例としてはシャツや水着の胸ポッチや素肌の透かし、薄手の服を用い体のラインを出すなどがある。

14.リアリティは想像力を支援する

細部には神が宿る。
下着の柄、フリルの柄、毛先を気にかけてみよう。

キャラクターづけの際に既存のものを流用すると安直だが記号化しやすい。

15.キャラクターの感情を表現せよ

単に喜怒哀楽を分かるように書き分けろという話ではない。
シチュエーションの背景を反映してエロスを表現せよ。

16.常識をくつがえすのは生半可ではいけない

「あり得ない」という思考が新しいアイデアを阻害する。
この組み合わせはあり得ないと思った組み合わせも試してみる価値はある。

17.多少大げさなくらいがちょうどいい

記号化する際には、その特徴が最も表れる部分を強調しなくてはならない。
それは伝えたい部分を選択することにも繋がる。

だが強調する部分は大げさなくらいでなければ印象づけることは難しい。

18.自分の感覚を鍛えて信用せよ

エロイラストのエロさを数値的に判断することは難しい。
何がエロいのかを感覚で判断できるのが理想である。

まずは「違和感のない」イラストを仕上げることが重要だ。

違和感を感じ取ることはできるが、原因を突き止めるようになるには難しい。
原因を突き止めるまでになればもはや敵なしである。