ツール開発で思いついたこと、技術的内容のまとめBlog

2014
Feb 15

Flotr2を使いこなしてアクセス解析をしてみる

以前ブログで紹介したグラフ描画のためのJavaScriptライブラリ「Flotr2」。

Flotr2でブログに訪れる方が多いようなので、使い方をさらに詳しくまとめました。
ソースコードを覗くと実際にどのように使っているか具体的に分かるかもしれません。

Flotr2 サンプル
SQLiteとFlotr2でアクセスログ解析

ついでに自前のアクセス解析ツールの表示を更新してみました。
ログを表示してみたサンプルはこちら。



グラフが並ぶと実際、高度な解析をしているわけじゃないのに
いかにも解析している感じがしてテンションだけは上がりますね。



・ビーコン型ログ解析ツールのパフォーマンス向上

サーバーからアクセスログが収集できることが分かったので、CGIで取得していたビーコン型のツールを廃止しました。

現在はログ収集用のURLを用意しそのURLへのアクセスがあった場合、
mod_rewriteで常時「204 No Content」を返すようにしています。

解析ツールはログからそのURLのリクエストを拾い上げて表示しています。

一見すると無駄なHTTPリクエストを発生させているような気がしますが、
CGIでログ取得することに比べればレスポンスが早く、むしろサーバーの負荷が少ないはずなのでパフォーマンスは向上したと言えます。
レスポンスはざっくりと以下のようになりました。

・旧CGI版(ファイル書込)約140ms
・旧CGI(SQLite) 約200ms
・現方式(mod_rewrite) 約90ms

CGI版では悩みの種だったデータベースの同時アクセスの問題(ファイルのロックとか)が mod_rewrite方式で関係なくなったのが嬉しいところです。

運用されているサーバーのログ取得が一日おきに行われるという仕様上、集計結果を即時反映するような用途には向きませんが 使いようによってはいろいろなことができそうです。

最新の更新

更新情報(Atomフィード)
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
プロジェクト進捗

二次小説執筆

アクセスランキング