ツール開発で思いついたこと、技術的内容のまとめBlog

2013
Aug 26

要チェック! チェック柄を生成するツールをCanvasで実装してみた

チェック柄素材メーカーをHTML5化してみました。
チェック柄素材メーカー (HTML5版)

まだパラメータ調整が充分ではありませんが、期待しなければそこそこ使えると思います。
たまに「当たり」がでます。

乱数発生ルーチン

他の素材生成系ツール(Flash版も含む)でもそうですが、
乱数発生にメルセンヌツイスタを使用しています。

理由は単純で後で同じ結果が得られるようにSeedを指定できるからです。

乱数の結果をそのままパラメータに利用しているので、
バグが出た時にその条件を再現できなくなってしまうんですよね。

現状はキーワードという名称でシードを表示するようにしています。
テキスト欄にシードを打ち込み[表示]をクリックすればそのシードの結果を得られます。
ソースコードを完全にfixしたわけではないので、シードの結果は今後変わる可能性が大です。
その場での比較用にメモするだけにとどめ、画像で保存しておくのがいいでしょう。

Canvasの利用

集中線ツールのHTML5の際に画像系ツールの移植のメドが付いたので今後Canvasを利用したツールが増えるかもしれません。

ただ、まだ画像保存についてはFlashと比べて一手間かかるのが難点です。
今後、dataURLとcanvasを利用して画像を利用したネタ生成のツールが作れたら面白いかなと考えています。
最新の更新

更新情報(Atomフィード)
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
プロジェクト進捗

二次小説執筆

アクセスランキング